おきなわ彩発見キャンペーン第3弾改め?家族でステイホテル

おきなわ彩発見キャンペーンは、新型コロナウイルスで落ち込んだ消費を取り戻すために、特に旅行業界を盛り上げるために実施された沖縄県の事業です。

今まで、第1弾、第2弾、そして、おきなわ彩発見キャンペーンバスツアーと、3回にわたって行われてきました。

実は僕はバスツアーが第3弾だと思っていましたが、違う位置付けだったようです。

そしていよいよ第3弾が行われるという話になっていましたが、現状を踏まえて形を変え、家族でステイホテルというキャンペーンが開始されます。

まだ詳細については、発表されていませんが、今まで発表された内容などをまとめてみました。

また、わかってきた内容をこちらで更新していきます。

おきなわ彩発見キャンペーンとは

まずはそもそもおきなわ彩発見キャンペーンとは何なのかというと、先ほどもお話しましたが、新型コロナウイルスで、沖縄県内での経済活動で、大きなウエイトを占めている観光業界が、大打撃を受けていることを受け、沖縄県が行った支援策の一つです。

実際に利用したキャンペーン

私も実際にこちらのキャンペーンを利用して、何度か沖縄県内のホテルに宿泊しました。

1度目は、2019年新しくオープンしたハイアットリージェンシー瀬良垣アイランドです。

そして、2度目は、サザンビーチホテルです。

こちらのブログは、その時のものではありませんが、サザンビーチホテルは、年に一度程度利用しているホテルです。

今回はキャンペーンを利用して、いつも以上に格安で宿泊することができて良かったです。

そして3度目は、2020年にオープンしたヒルトン沖縄瀬底リゾートです。

こちらも高級リゾートで、なかなか高額なので、こういったホテルに年に何度も宿泊するのは、普段で考えたらできないのですが、今回のキャンペーンを利用することで、可能になりました。

そして4度目はホテル宿泊ではなく、バスツアーです。

美ら海水族館のチケット代込みでのバスツアーに参加し、GoToトラベルと併用なので、地域共通クーポンをもらえてそれを差し引きすると、実質315円で行くことができたという激安バスツアーでした。

過去のおきなわ彩発見キャンペーン

最初にも言ったように今まで、第1弾、第2弾、そしてバスツアーと3階のおきなわ彩発見キャンペーンが行われました。

それぞれのキャンペーンについて、簡単に振り返ります。

第1弾の概要

第1弾という事で文字通り、沖縄県で観光業界向けに行われた初めての支援策です。

沖縄県民が、沖縄県内での宿泊に伴う旅行に対して、1人最大15,000円が補助されるというものでした。

期間は2020年6月5日から7月30日(7月31日チェックアウト)までのもので、予算上限に達し次第終了という事でスタートしました。

対象の旅行は、宿泊を伴う旅行という事でしたが、県が対象事業者を指定していて、県内の旅行代理店が指定されていました。

しかし、旅行代理店を通す必要があり、直接のホテルへの予約や民泊大手Airbnbでの予約は対象外であり、民泊事業者は、恩恵を受けることができませんでした。

そして、実際に7月上旬に、それぞれの旅行会社に配分された予算が終了し、予約ができない状態になったところがほとんどでした。

  • 対象者:沖縄県内に住所を有する者(在留外国人を含む)
  • 補助対象旅行商品:県が対象事業者指定をした、旅行業者等が販売する『おきなわ彩発見キャンペーン』の表示がある、宿泊を伴う旅行商品。例:宿泊のみ、宿泊+体験・観光施設・交通・飲食等のセットプラン
  • キャンペーン期間:令和2年6月5日(金) ~7月30日(木)までの宿泊分(7月31日チェックアウト)※予算上限に達し次第終了。
  • 補助額:以下の通りです。
旅行商品代金(税込)1人当たりの補助額
1人当たり30,000円以上15,000円
1人当たり20,000円以上30,000円未満10,000円
1人当たり10,000円以上20,000円未満5,000円
1人当たり6,000円以上10,000円未満3,000円

第2弾の概要

第2弾は、2020年7月10日から8月30日までの宿泊に対して、行われた内容です。

じゃらんより

対象者は第1弾同様、沖縄県内に住所を有する人ですが、第1弾と違ったのは、補助対象旅行商品販売事業者が楽天トラベルじゃらんの2社のみだったことです。

  • 対象者:沖縄県内に住所を有する者(在留外国人を含む)
  • 補助対象旅行商品販売事業者:楽天トラベルじゃらん
  • キャンペーン期間:令和2年7月1日~8月30日までの宿泊(8月31日チェックアウト)
  • 補助額目安:以下の通りです。(クーポン額は事業者によって異なる)
一人あたりの旅行商品金額(税込)補助額
20,000円以上10,000円
10,000円以上20,000円未満5,000円
6,000円以上10,000円未満3,000円
1,000円以上6,000円未満1/2以内の額

バスツアーの概要

おきなわ彩発見キャンペーンバスツアーは、第1弾第2弾とは少し違い、宿泊を伴うものではなく、バス事業者を支援するものでした。

期間は11月13日から1月末までだったのですが、GoToトラベル事業が全国一斉一時停止になり、それに伴い、こちらの「おきなわ彩発見バスツアー促進事業」についても、再版された場合については2月末まで延長されましたが、現在再開については未定になっています。

  • 対象者:誰もの可(沖縄県内在住に関わらず、圏外からの観光客でも利用可能)
  • 補助対象旅行商品販売事業者:旅行業登録済旅行商品販売事業者(※県内事業者)
  • キャンペーン期間:令和2年11月13日(金)~1月31日(日)※行程最終日
    • 新規・既存予約取扱いの適用一時停止期間:12 月28 日(月)~1月11 日(月)2月7日(日)
    • 補助対象旅行商品の販売期間の延長:GoToトラベルが再開した場合販売期間を延長
      変更前:令和2年11月13日(金)~令和3年1月31日(日)
      変更後:令和2年11月13日(金)~令和3年2月28日(日)
  • 補助額目安:以下の通りです。(クーポン額は事業者によって異なる)
旅行商品の金額(1人あたり/税込)助成額
15,000円以上6,000円
10,000円以上15,000円未満4,000円
7,500円以上10,000円未満3,000円
5,000円以上7,500円未満2,000円
2,500円以上5,000円未満1,000円

おきなわ彩発見キャンペーン第3弾概要

本題である第三弾についてです。

おきなわ彩発見キャンペーン第3弾の概要と言っても、ほとんどがまだわかっていませんでした。

1月10日の沖縄タイムスの記事によると、第12次補正予算の専決処分で、予算を確保し、可能になったらすぐに始められるようになっている状態です。

内容は第1弾、第2弾と同様に宿泊を伴う沖縄県内旅行に助成するという事です。

補助割合は正式にはまだ決定していないが、第1弾、第2弾の時には、現在停止しているGoToトラベルと併用することで、最大85%割引となっていたことをふまえ、7割~8割の補助率となることも検討しているそうです。

もしこれが実現すれば、ものすごい格安で宿泊できることになり、すぐに予算達成となる可能性もあります。

開始時期については、沖縄県独自の緊急事態宣言が出た時の「緊急事態宣言に対応した経済対策(素案)」に書いていた内容は、あくまで感染状況を踏まえ実施時期を検討するとされています。

家族でステイホテル(Stay Hotel!)を実施

そして、2月5日に沖縄観光コンベンションビューローが発表した内容によると、第3弾という形ではなく、家族でステイホテルというキャンペーンを開始するという発表がありました。

沖縄県内の同居家族または個人を対象にしたキャンペーンで、1泊2食付き宿泊プランとなります。

個人的には沖縄県内での宿泊は、ホテルを満喫したいという気持ちと子どもも小さいので、1泊2食付きで宿泊することが多いので、この内容は嬉しいです。

詳細についてはかなりわかってきたので、こちらに詳細をまとめたので、是非こちらをご覧ください。

最新情報をチェックしよう!