新しい波に乗り、楽で楽しいを実現を皆でをモットーに、沖縄そして世界の新しく楽しいを発信

あーる・てぃー・しー合同会社ブログ@沖縄

白髪染め?カラートリートメント4種類を実際に使ってみたランキングと口コミ、違いなどまとめ

更新日:

私自身30代のころから白髪は出初め、父も祖父も白髪が多い家系であったため、普通の事だと思っています。

それほど気にはしてないけど、見た目を変えたいなと思った時に、いわゆるイメチェン(古い?)したいなと思った時に、美容院で染めたりしました。

美容院で白髪染めをすると、定期的にやらなければ気になるし、自分でやれることはないかと思って試したのが、カラートリートメント。

まだまだこれだというのは見つかっていませんが、自分が試してきたものを、それぞれの良いところ悪いところをまとめてみました。

スポンサーリンク

そもそもカラートリートメントって?白髪染めとの違いって?

カラートリートメントって言うけど、普通の白髪染めと何が違うのか?

大きな違いは、薬剤の違いにあります。

一般的に白髪染めは、医薬部外品である「染毛剤」で、カラートリートメントやヘアマニキュアなどは、化粧品に分類される「染毛料

剤と料という一文字違うだけですが、大きな違いがあります。

染毛剤、白髪染めは、一度でしっかり染まり、シャンプーをしても色落ちしないのが特徴です。

有効成分である酸化染料が髪の毛の中まで浸透して、毛髪中で酸化して結ぶ付くことで発色し、色を定着する働きがあります。

しっかりと染まる代わりに、体質によってはアレルギー反応を起こして、かぶれたりすることがあります。

染毛料、カラートリートメントなどは、繰り返し染めても髪の痛みがあまりありません。

カラートリートメントは、トリートメントとして使用していくうちに、色素が髪の表層部に徐々に浸透することで、髪が染まっていきます。

髪の痛みが少ないですが、汗や雨で色落ちしてしまう事もあります。

このように大きな違いがあるので、その点を理解したうえで、どちらかを選択することをお勧めします。

カラートリートメントにメンズ、男性用、女性用はあるの?

ドラッグストアなどで売られている白髪染めには、男性用や女性用などと言う風に販売されています。

しかし、白髪染めも男性用と女性用に基本的な違いはありません。

違いがあるとすれば香りや、髪を染めるのにかかる時間が違うようです。

染める時間は、男性用の方が短い時間で染めることができるものが多いようです。

それでは、カラートリートメントはどうなのか?

カラートリートメントも同じです。

髪を染めるという用途では、男性メンズ用、女性ウィメンズ用も違いはありません。

同じように香りや染めるのにかかる時間が違う傾向があります。

とはいうものの、女性用も推奨する時間が短いものも多くあり、一概には言えないのかなと思っています。

少しは染まったけど、染まらない?【バイタリズム・クロ】

それでは、こちらから私が実際に購入して利用したものを、使用した順に紹介していきたいと思います。

初めて購入し、使ったカラートリートメントが、こちらのVITALISM kulo(バイタリズム・クロ)のダークブラウンです。

初めてのカラートリートメントだったので、私の髪質でどの程度染まるのかがわかりませんでしたが、実際に使用したイメージとしては、やはりあまり染まらないなという印象でした。

今まで白髪染め、ヘアカラーはしたことがあったので、どうしてもそれらと比べることしかできなかったのも、要因かもしれませんが、この程度しか染まらないのかなと少しがっかりしました。

とはいうものの、全く染まらなかったわけではなく、全体的に白髪が減ったような印象になりました。

後から写真で確認するとそれなりには染まっているのかなと思います。

しっかりと染めるというより、全体的にぼかして白髪の量を減った印象にするという感じでした。

VITALISM kulo(バイタリズム・クロ)については、詳細なレビューを別に書いているので、気になる方は是非こちらもご覧ください。

白髪染めのおすすめカラートリートメント「バイタリズムクロ」を使ってみた感想を口コミレビュー

白髪がある人にとっては、とても気になるのが、どうやって染めるのか? もちろん染めない人もいますが、そういった人でも、染めるという選択を考えなかったことはないでしょう。 私も基本的には白髪のままで、染め ...

続きを見る

赤っぽくなるが、それなりに染まる【LPLPルプルプ】

2種類目に購入してみたのが、LPLP(ルプルプ)です。

バイタリズム・クロのダークブラウンがあまり染まらなかったという印象だったので、どうせ染まらないなら、明るい色にしようと思い、ブラウンを購入しました。

ルプルプは色が豊富で6種類あります。

ブラウン系が、ブラウン、ベージュブラウン、ダークブラウン、モカブラウンの4種類。

ブラック系が、ソフトブラックとナチュラルブラックの2種類。

その中でおそらく一番明るいブラウンを購入。

それが行けなかったのかもしれませんが、全体的に染まる印象はあるのですが、赤い髪になったなという印象でした。

こちらの動画が実際に利用した約2週間後の感想です。

サムネイル画像では少しわかりづらいですが、しっかりと染まっている感じですが少し赤身が多いかなという印象です。

2日目の色落ちが少ない?【利尻ヘアカラートリートメント】

そして、3種類目に購入してみたのが、【白髪用】利尻ヘアカラートリートメントです。

今回は前回の反省も含め、色はダークブラウンにしました。

バイタリズム・クロと色の名前は同じです。

こちらももちろん白髪染めのようにしっかりと完全に染まることはありませんでしたが、思った以上に白髪が目立たなくなったなという印象でした。

色も今回はダークブラウンにしたため、赤みがかったような印象にもなりませんでした。

もちろんよく見ると、白髪が残っているのですが、全体的に白髪の印象がなくなったように感じました。

そして、他のものより、シャンプーでの色落ちが少ないように感じました。

特に翌日に、カラートリートメントを利用しない日でも、前の2種類はシャンプーをしてすすぐときに、色がついたお湯が流れる感じで、色が落ちているのだという印象でした。

しかし利尻カラートリートメントは、利用した翌日のシャンプーの時に、色がついたお湯が流れるという印象が少なく、色落ちがあまりないのかなと思っています。

染まりはいいが2日目の色落ちが大きい【マイナチュレ】

4種類目に購入してみたのが、マイナチュレ カラートリートメントです。

色はダークブラウンを選び購入しました。

全開購入した利尻カラートリートメントが良かったので、再度購入するか迷いましたが、更に他のものも試してみたいという思いで、購入してみました。

実際にカラートリートメントで塗っている時には、LPLPの時のような赤みがかった色の印象でしたが、洗い流してみると、思ったほど赤くはなく、個人的には言い色味だなと思いました。

そして、1回目にしてはかなり染まったという印象でした。

このマイナチュレの使用説明書には、長時間利用するのではなく、10分程度の時間を何度もしてくださいという事が、強調されていました。

他のものも、同じような内容は書かれていましたが、よく染める方法などと言った紹介で、30分以上染めてから放置して洗い流す方法が紹介されていました。

しかし、マイナチュレでは、そのような方法の記載がなく、長時間放置しても色合いは変わらないとされていました。

1回だけでなく、もちろんその後も利用していますが、マイナチュレは、利用した翌日の色落ちが他より多いように思いました。

翌日お風呂に入り、洗い流した時はもちろんですが、マイナチュレを利用した翌日に、白いワイシャツを着て汗をかくことがあったのですが、シャツの襟元にカラートリートメントの色がかなりついてしまいました

たまたまだったのかもしれませんが、それから翌日、白いシャツで汗をかくようなことが無いよう気をつけるようにしています。

完全個人的な口コミランキング

3種類を実際に使ってみて、それぞれ良いところ悪いところがありました。

それをふまえて完全に個人的につけたランキングがこちらです。

  • 1位:利尻ヘアカラートリートメント
  • 2位:マイナチュレカラートリートメント
  • 3位:バイタリズム・クロ
  • 4位:LPLPルプルプ

ランキングまでのそれぞれの印象を見ていれば、想像通りのランキングだと思います。

全体的に最も白髪が目立たなくなったなという印象なのが、利尻カラートリートメントです。

そして、色落ちが少ないのも高評価の理由の一つです。

LPLPについては、選択した色がブラウンという明るい色なので、しっかりとした比較にならないかもしれませんが、赤みが強いなという印象になってしまいました。

-沖縄の生活や観光

Translate »

Copyright© あーる・てぃー・しー合同会社ブログ@沖縄 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.