新しい波に乗り、楽で楽しいを実現を皆でをモットーに、沖縄そして世界の新しく楽しいを発信

あーる・てぃー・しー合同会社ブログ

香港旅行に格安で行く人必見!おすすめアプリサービス!KKDAYかKLOOK!

更新日:

2019年10連休という史上最長のゴールデンウイークに、香港旅行に行ってきました。

子供と一緒に行く初めての海外旅行でした。

子連れとは全く関係ないのですが、この旅行で利用したのが、KKdayというサービス。

同じようなサービスにKlookというのもありますが、とにかくおすすめです。

どうしてそんなにおすすめするのか、実際にどこで利用したのかをまとめます。

スポンサーリンク

香港で現地の格安SIMを格安でゲットできる

香港での旅行中の通信手段が必要です。

もちろんなくても旅行はできますが、万が一の時に調べ物をしたり、Googleマップを見たりなど、やっぱりスマホは欠かせません。

インターネットにつながなくても見れるようにローカルにある程度保存するなど対策はしていても、いざという時に使えないのはとても不便です。

そして、旅行中もSNSへ写真や動画をアップしたりもしたいですよね。

そんな時に便利なのが現地のSIMカードです。

香港で利用できるSIMカードを買う方法はいくつかあります。

  • 現地に行ってから、通信会社などで直接購入
  • 現地に行ってから、コンビニエンスストアで直接購入
  • 事前にKKdayやKlookで予約購入し、現地で受け取る
  • 事前にAmazonなどで、SIMカードを購入する

Amazonで香港のSIMカードを購入する

一番、事前準備で可能なのが、Amazonなどで香港のSIMカードを購入するという方法です。

なんと普通にアマゾンジャパンで香港のSIMカードが販売されています。

色々調べたところ、事前に購入するのはこちらがおすすめです。

こちらのSIMカードでの注意点は、通信容量です。

7日間使うことはできますが、4Gで通信できるのは、1GBまでです。

1GBを超えると128kbpsに速度が落ちるので注意が必要です。

調べ事などするだけなら、これで事足りるかなとは思いますが、移動中に動画を見たりする方は絶対無理ですね。

後もう一点、こちらは実際に利用してないので、何とも言えませんが、口コミにあったのが、そんなに使ってないのに2日目から速度が落ちたという書き込みもありました。

設定などで、思った以上に通信していて容量をオーバーしたんじゃないのかなとも思いますが、こちらもちょっと気になる点です。

現地のコンビニエンスストアや通信会社でSIMカードを購入

現地でコンビニエンスストアや通信会社でSIMカードを購入するのが、信用という面では一番だと思います。

Amazonで購入したものは、本当に使えるかなど心配する方もいるかもしれませんが、現地のコンビニや通信会社で、使えないものは基本的にないでしょう。

もし使えなかったとすると、購入した店に行けば、解決しやすそうというのもメリットです。

しかし、現地で購入するには、言葉の問題があります。

日本語ができる人がいればいいですが、日本語ができる方はなかなか少ないのではないでしょうか。

KKdayやKlookで格安SIMを予約購入し、現地で受け取る

KKDAYやKlookという現地ツアーなどを販売しているサイトがあります。

そのサイト内では、現地で使う格安SIMや現地の電車のチケットなども販売されています。

こちらで格安SIMを予約して、現地で格安SIMを受け取ります。

KKDAYでは、第1ターミナル到着ロビーAエリアカウンターのA14カウンターで受け取ることができます。

こちらのカウンターに行って、カウンターの方に「KKDAY SIM Card」と片言の英語を話して、バウチャーを見せると、理解されたようで、バウチャーのQRコードを読み込んだだけで、格安SIMを渡していただきました。

いただいたSIMカードがこちらです。

もちろん販売ページに掲載されている格安SIMと同様のものです。

こちらの画像はSIMカードを取ってしまったものですが、ここについていたSIMカードを自分のスマホのSIMカードの大きさにカットして、スマホに入れるだけです。

大きさにカットすると言っても、nano、micro、normalの各サイズ対応していて、簡単にカットすることができます。

私の利用しているスマホはiPhone XRでしたが、購入したSIMカードを入れるだけで、特に設定などを変更することも無く利用することができました。

デメリットとしては、購入するとキャンセルすることができません。

もし旅行に行けなくなってしまった時は、無駄な支払いになってしまいます。

しかしこのデメリットを解消する方法があります。

それは、行くことが決定してから、現地に到着してからKKDAYやKlookで購入する方法です。

というのも、これらのアプリサービスで購入したバウチャーは、決済完了後、数分程度でバウチャーが届きます。

実際に僕が購入したのは、出発数日前ですが、決済をすると本当にすぐにバウチャーが届きました。

現地だとWi-Fiなどが繋がっていないと、購入することができないので、ギリギリまで購入するのを待つとすると、香港行きの飛行機に搭乗する前に、日本で購入するといいと思います。

香港エアポートエクスプレスのチケットをお得に購入

香港国際空港から九龍駅(クーロン駅)や香港駅に移動する手段はいくつかありますが、渋滞などなく確実に時間通りにつき、利用しやすいのが、香港エアポートエクスプレスという電車です。

エアポートエクスプレス(Airport Express)は中国語の表記で、機場快線となります。

10分おきに定刻通りにやってくるので非常に便利です。

チケットの購入方法はいくつかありますが、方法としては以下の通りです。

  • 現地の切符販売機で現金購入して、切符で電車に乗る
  • KKDAY、Klookで事前決済予約し、現地でバウチャーをかざして電車に乗る

現地の券売機で現金支払いして購入

香港エアポートエクスプレスは、普通に券売機で購入することができます。

なお、往復チケットと片道チケットを購入することができ、往復チケットの方が少しお得に購入することができます。

KKDAY、Klookで事前にお得に購入

格安SIMと同じく、なんと電車のチケットもKKDAYやKlookで購入することができます。

しかも現地で購入するより安く購入することが可能です。

為替レートにもよりますが、現地で購入すると片道およそ1500円程度するチケットが、600円程度で購入することができます。

なんと半額以下で購入可能です。

格安SIMと同様ですが、事前に購入する必要があるので、電車のチケットもキャンセルすることができません。

突然旅行に行けなくなることなどを考慮するとぎりぎりに購入することをお勧めします。

KKDAY、Klookでの香港エアポートエクスプレスの乗り方

実際にKKDAYで購入し利用しましたが、利用方法はめちゃめちゃ簡単でした。

香港エアポートエクスプレスですが、実は空港から乗車するときに改札などは通りません。

特にチケットなどをかざすことはなく、電車に乗ることができます。

そして、降りるて駅のホームを出る時に改札を通ります。

その時に電車のチケットが必要になります。

その改札の全部ではありませんでしたが、一部の改札機にQRコードをかざすことができる改札機があります。

その改札機に、送られてきたバウチャーのQRコードをかざすと降りることができます。

バウチャーは、決済をすると、数分もたたず内にバウチャーが届きます。

アプリでQRコードを表示することができ、スマホをそのままかざせば問題ありませんが、インターネットの接続状況などで、もしQRコードが表示できなくなることが不安な場合は、QRコードの画面をキャプチャーして画像保存しておいたりすることも可能です。

本当に不安であれば、キャプチャーした画像を事前に印刷などしておき、利用することも可能です。

香港ディズニーランドのチケットをお得に購入できる

香港旅行に行く目的で、最も多い一つが香港ディズニーランドではないでしょうか。

実際に、僕も家族での香港旅行の一番の目的が、香港ディズニーランドでした。

まだ子供が小さいので、日本語もしっかりと理解できないのであれば、香港楽しむディズニーランドと日本で楽しむディズニーランドは同じだろうという理由もありました。

香港ディズニーランドのチケットは、日本同様結構高価です。

香港ディズニーランドのチケットを購入する方法も、いくつかの方法があります。

香港ディズニーランドのチケットブースで購入

香港ディズニーランドでも、東京ディズニーランドと同じようにチケットブースがもちろんあります。

そこでチケットを購入することが可能です。

一番確実で、一番信用ができる購入方法だと思います。

しかし、一番のデメリットは並ぶことではないでしょうか。

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーなどに行かれたことがある方は想像がつくと思いますが、チケットブースで並んでチケットを購入して、更に入場するときに並ぶという事になります。

香港ディズニーランドも東京ディズニーランドほどではないかなという印象でしたが、やはり行列ができていました。

そして、もちろんですが、チケットブースで販売されているチケットは定価での販売です。

公式サイトで事前購入

香港ディズニーランドの公式サイトでも、オンラインチケットを販売しています。

香港公式サイトのチケット購入ページ

こちらでも現地で購入するのと同様基本的には定価販売です。

しかし、1日券以外に2日間楽しむことができる2日券の2デー・ファンというチケットや優待アクセス、いわゆるファストバスが付いたチケットなども販売されています。

一度確認してみてもいいかと思います。

ファストパスですが、香港ディズニーランドは東京ディズニーランドほど混んでいません。

ほとんどのアトラクションで日本のように何時間も並ぶという事は基本的にはなく、長くて30分待ちぐらいかなという印象でした。

なので、ファストパスが付いたチケットは必要ないかと思いますが、少しでも時間を有効に使いたい方は購入するのもいいかと思います。

KKDAY、Klookで格安チケットを購入

KKDAY、Klookでも香港ディズニーランドのチケットが販売されています。

しかもKKDAYでは、普通の1日券の他にも2日券も販売されています。

その他にもディズニーランド内の食事チケット香港ディズニーランドホテル内のランチチケットなども販売されています。

Klookでは、普通の1日券というのは、現在販売はなく、食事チケットと一緒になったチケットが販売されています。

オンラインチケットでの入場方法

KKDAYやKlookで購入した場合、決済されるとすぐにバウチャーが発行されます。

QRコード付きのPDFのバウチャーが、アプリで確認することができます。

登録メールアドレスにも、バウチャーが送られてきます。

公式サイトのオンラインチケットも同様だと思われます。

ディズニーランドに到着し、エントランスゲートに行き、キャストさんの方がいるところに行くと、QRコードを見せると読み取ってくれます。

お手のもので、特に問題なく入場することができました。

サイトによっては、紙のチケットをもらったというサイトも多くありましたが、私は紙のチケットはこちらではもらえませんでした。

紙チケットが欲しい場合は、バウチャーに紙チケットに交換する場所が別にあるので、そちらで交換してから入場することをお勧めします。

入場については、QRコードが読み取れればいいので、スマホで表示できれば問題ありません。

PDFなので、ネット環境に不安があれば、事前にダウンロードしておいてダウンロードしたものを見せれば問題ありません。

スマホでの表示が不安な方は、事前に紙にプリントアウトして持って行っても良いと思います。

個人的には、せっかくのオンラインチケットなので、ペーパーレスで行くことをお勧めします。

オンラインチケットでの入場の際の注意点

オンラインチケットで入場した場合に、僕自身少し失敗したなと思ったのは、ファストパスを取ることができませんでした。

先ほども言ったように、オンラインチケットの入場したときに、紙のチケットは発行されませんでした。

ファストパスを取るときに、紙のチケットが必要になります。

オンラインチケットのQRコードをファストパスの機会にかざしてみましたが、残念ながらファストパスは発行されませんでした。

香港オーシャンパーク入場チケットがお得に購入できる

香港オーシャンパークは、香港ディズニーランドと争うほどの人気のテーマパークです。

当初は行くかどうか迷っていたのですが、小さい子供と一緒の旅行なので、街をぶらぶらするのはちょっと限界があるという事で、香港に行ってから急遽行くことに決定しました。

香港オーシャンパークのチケットを購入する方法も、ディズニーランドと同様いくつか方法があります。

KKDAY、Klookでお得に購入

香港ディズニーランドなどと同様にKKDAYやKlookで購入することができます。

購入するタイミングによっては、1枚買うともう1枚付いてくるチケット、実質2人分のチケットが激安で購入できる場合もあります。

こちらも入場チケットだけではなく、ストリートフード(出店での食べ物)の購入チケットやディズニーランドのファストパスのような優先レーンから入場することができるオーシャンファストラックチケットが一緒になった入場チケットなども販売されています。

-沖縄発の旅行

Translate »

Copyright© あーる・てぃー・しー合同会社ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.