新しい波に乗り、楽で楽しいを実現を皆でをモットーに、沖縄そして世界の新しく楽しいを発信

あーる・てぃー・しー合同会社ブログ@沖縄

ハイアットリージェンシー瀬良垣に沖縄県民限定プランクーポン使って、子連れで宿泊

投稿日:

沖縄県内には本当に多くのリゾートホテルがあります。

その中でも高級ホテルと呼ばれるものも多くあり、さらにその中でも一流ホテルの一つだと言われているのが、「ハイアットリージェンシー」ではないでしょうか。

そんなハイアットリージェンシーで沖縄にある一つ、「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」に沖縄県民限定のクーポンを使って、3歳の子供と一緒に、子連れで宿泊してきました。

スポンサーリンク

沖縄にあるハイアットリージェンシー

沖縄にはハイアットリージェンシーが2ヶ所あります。

そのひとつが沖縄県恩納村瀬良垣に、2018できたのが「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」です。

【2018年】沖縄新規開業全ホテルまとめ。高級リゾート、コンドミニアム、ビジネスホテルなど【撮影動画有り】

【最新更新情報】ノボテル沖縄那覇のYouTube動画追加。2019年以降にオープン予定のホテルは別記事に移動しました。(冒頭と最後にリンク有り) 2018年、多くのホテルが沖縄県内にできました。 地元 ...

続きを見る

もうひとつが、2015年に那覇市の国際通りから程近い場所にできたのが「ハイアットリージェンシー那覇沖縄」です。

ハイアットリージェンシー那覇には、宿泊したことはありませんが、一度ランチブッフェを食べに行ったことがあり、とても美味しかった印象があります。

ホテルを家族3人で漫喫した動画

今回のハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄での宿泊の様子を動画でも撮影していました。

その様子をYouTubeにアップしているので、是非こちらも合わせてご覧ください。

そして、今回の宿泊に関しては、2020年6月に宿泊したという事で、新型コロナウイルスが治まってきたという状況ではありましたが、ホテルの利用についても制限を受けているところがありました。

なので普段のハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄とは、少し違う状況かもしれませんが、その点はご了承ください。

到着したけど駐車場はどうすればいい?

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄の敷地内に入って、まずあるのが、駐車場。

駐車場があったら車を入れる必要があるのかなとも思いながら、少しウロウロしましたが、結局ホテルのメインゲートの方に向かいました。

こちらの写真の奥にあるのが「ザ・アイランド」になります。

こちらにメインロビーなどがあるので、まずはこちらに向かって正解だと思います。

到着するとスタッフの方などもいるので、不明なことはこちらで聞いてください。

実際には、駐車場は「ザ・アイランド」とは離れていて、この写真を撮影した場所あたりが「ザ・ビーチハウス」という、ビーチが目の前にある客室が23室と少なめの別棟があるのですが、そちらのメインの入り口です。

駐車場は「ザ・ビーチハウス」のすぐそばにあり、「ザ・アイランド」と「ザ・ビーチハウス」の間は、シャトルバスというか、黒塗りのワンボックスカーが常に行き来をしていました。

ホームページなどには、トゥクトゥクが往来しているという事も書いていたので、ワンボックスカーは一時的だったのか、これからはこの車になるのかは不明です。

ちなみに、徒歩で歩いてもそれほど遠い場所ではありません。重い荷物がなければ全く問題ない距離です。

通常はセルフパーキングという事で、自分で駐車場まで車を運び、ワンボックスカーで移動、又は徒歩で宿泊棟まで移動しますが、パレットパーキングといって、ホテルスタッフの方に車の移動を任せることも可能です。

その場合、基本的には別途費用が必要になりますが、子供がたくさんいたりする場合などは任せてもいいかもしれません。

瀬良垣ビーチは2カ所に分かれています

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄のビーチは2カ所あって、上の写真で見ると、手前側が、私が今回宿泊したたくさんの客室がある「ザ・アイランド」側にあるビーチで、奥が「ザ・ビーチハウス」といって、目の前がビーチになっている客室側にあるビーチです。

上の写真は潮が満ちている時の写真なのですが、実は干潮の時は泳ぐという雰囲気ではない様子でした。

それがこちらです。

そして、どうしてもラグーンという感じのビーチなので、海の綺麗さという意味では、もう一つな感じがしました。

しかし、どちらもラグーンという感じで、湾になっている場所にあるので、プライベート感が非常に高いビーチです。

実際には見てませんが、瀬良垣漁港の船の出入りで、この間を通るので、漁船やスキューバダイビングを楽しむ船などが行き来することがあるかもしれません。

ハイアットリージェンシー瀬良垣のプールは合計3つ

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄のプールは3カ所有ります。

一つが屋内のインドアプールで、水深1.2m、全長20m×幅4mの細長いプールがあります。

私が宿泊した時には残念ながら、インドアプールは改装中で利用することができませんでした。

そして屋外には、グスクプールというプールがあり、水深40cmと子どもも楽しむことができるキッズプールもあります。

もう一つが、ラグーンと呼ばれるもので、こちらは、海水が常時循環しているエリアになります。

水深は0~1.5mとビーチのように徐々に深くなっていくので、浅い場所では子供も楽しむことができます。

私と子どもはほとんどこちらのラグーンで楽しんでいました。

海水が循環しているので、水は塩水なのでしょっぱいですが、フィルターを介したりしているためか、海の水ほど塩分は濃くないように感じました。

レストランも2カ所+α

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄には、もちろんレストランがあります。

メインのレストランは、「セラーレ」というのがあり、朝食などもいただくことができる「オールデイダイニング セラーレ」そして、イタリアンをいただくことができる「クッチーナ セラーレ」が中で一応分かれています。

案内表示では分かれていますが、実際は分かれている印象は持ちませんでした。

「クッチーナ セラーレ」としてイタリアンの朝食は提供していないこともあるのか、「クッチーナ セラーレ」の方も、普通に朝食会場として利用されていました。

後、もう一つが「シラカチ」という和食を提供するレストランです。

こちらは今回利用しなかったので、詳細はわかりませんが、レストランとしては1つなんですが、炉端、日本料理、鉄板焼、鮨の4つのカテゴリーで料理が提供されているようです。

「シラカチ 炉端」では朝食もいただけたり、「シラカチ 鉄板焼」はランチも提供しています。

カテゴリーによって、提供時間などが違うので、もし気になる方はチェックしてみてください。

朝食バイキングではなく、セットメニュー

今回の朝食ですが、残念ながら、朝食ブッフェではありませんでした。

実際にいただいた卵料理がこんな感じです。

こちらにフレンチトーストもついていました。

フレンチトーストはおかわりしていいと言われましたが、おかわりはしませんでした。

他のメニューもできたのかな?確認してないのでわかりませんが、ブッフェだと、お腹いっぱいになるまで食べてしまいますが、セットメニューだと、おかわりしていいと言われても、少し言いづらいですね。

そして、こちらが子供の朝食セットです。

少しこじんまりとした感じはありますが、ほぼ内容は大人と同じです。

で!こちらの子供メニューいただいたんですが、今回の宿泊プランに子供の料金は含まれていません。

添い寝、食事無しプランで申し込みしたので、子供の分はないはずだったんですが、朝食はいただけました。

夕食は、もちろん無かったんですが、朝食はいただくことができました。

セットメニューといえども、おかわりなども臨機応援に対応しているので、いただけたのかなと、勝手な解釈をして、美味しくいただきました。

子連れに対する対応

スタッフさんの子連れに対する対応は、全体的にはもちろんよかったです。

他のホテルと大きく変わるとは思いませんが、子供に対しては非常にフレンドリーな感じが見えました。

レストランでは、しっかりと子供用の食器などが準備され、子供用の椅子などもありました。

朝食では、キッズプレートが用意されて、特に費用はかかりませんでした。

アニバーサリーに対する対応

今回実は、アニバーサリー当日に宿泊しました。

僕の誕生日、そして結婚記念日です。

アニバーサリーだというのは、予約するときに旅行代理店にそれとなく伝えていたら、しっかりとホテル側にも伝わっていました。

チェックインする際に、「おめでとうございます」という一言があり、しっかりと伝わっているなと好印象でした。

そして、他のホテルなどで、ちょっとしたサービスをしてもらえたことなどもあったので、勝手に妄想してしまっていましたが、結論から言うと、特にアニバーサリーの特別なおもてなしはありませんでした

リージェンシークラブラウンジでは最高級のおもてなし

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄には、高級リゾートホテルらしく、「リージェンシークラブラウンジ」というクラブラウンジがあります。

利用できるのは、クラブアクセス付きの客室とスイートルームに宿泊しているお客様と、ワールドオブハイアットというハイアットリージェンシーの会員があるのですが、そのステータスが上級会員であるお客様は利用することができます。

チェックイン・チェックアウトの手続きをクラブラウンジで行えたり、滞在中は、ティータイム、カクテルタイムなどを楽しむことができます。

今回は残念ながら、クラブラウンジを利用できる部屋の宿泊ではなかったので、実際に体験することは出来ませんでした。

ハイアットリージェンシー瀬良垣のクーポン

今回宿泊したのは、最初にも言ったように、沖縄県民限定のクーポンを利用して宿泊しました。

クーポンの内容は「おきなわ彩発見キャンペーン」というキャンペーンを利用したクーポンで、行った頃限定のクーポンなので詳しくは説明しませんが、お得なクーポンでした。

こういった限定クーポンが出るのはなかなか難しく、現状では、楽天トラベルやじゃらん、Agoda、Expediaなどと言った、ホテル予約サイトを利用して、出来るだけ安いプランを探すのが良いのではないでしょうか。

また、ハイアットリージェンシー全体に言えることですが、公式サイトでも安く予約することができます。

「ワールド オブ ハイアット(WORLD OF HYATT)」というメンバー限定の値段、プランで提供されていることもあります。

このメンバーには、無料でなることができ、特に年会費なども必要がないので、是非、ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄の宿泊を検討する場合、入会して値段を確認してみてください。

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄の詳細情報及びアクセス

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄は、沖縄県北部に位置する恩納村にあります。

交通手段は基本的には、レンタカーの方が多いかと思います。

しかし、那覇空港からは、恩納村内エリアのリゾートホテルなどへ行く、空港リムジンバスもあります。

そちらを利用してもいいかと思います。

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄 Hyatt Regency Seragaki Island, Okinawa

楽天トラベルで見る じゃらんで見る Expediaで見る Agodaで見る

  • 住所:〒904-0404 沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1108番地
  • TEL:098-960-4321
  • FAX:098-960-4330
  • E-mail:seragaki.regency@hyatt.com
  • アクセス:車で那覇空港から約60分 路線バスで瀬良垣ビーチ前バス停から徒歩5分 空港リムジンバスで那覇空港から約100分
  • 駐車場:有り(メイン駐車場:207台 サブ駐車場:83台)(宿泊:1泊につき1台1,000円、レストラン利用:2,000円以上のご利用で3時間無料。以降は1時間500円、最大2,000円、アクティビティ利用:3時間無料。以降は1時間500円、最大2,000円、その他の外来利用:1時間500円)
  • 客室:総部屋数344室(「ザ・ビーチハウス」20室 「ザ・アイランド」322室)
  • 施設:レストラン(オールデイダイニング イタリアンレストラン スペシャリティレストラン 炉端 鮨 鉄板焼 日本料理) ロビーバー ロビーラウンジ バー スパ フィットネスセンター ウェディングチャペル(瀬良垣島教会) 宴会施設 プール(屋内、屋外) ラグーン ビーチ(瀬良垣ビーチ)
  • 経営:調査中
  • 運営:瀬良垣ホテルマネジメント(東急不動産、NTT都市開発、ミリアルリゾートホテルズ)
  • 開業:2018年8月21日
  • 敷地面積:調査中
  • 延べ床面積:約38,200平米(「ザ・アイランド」約314,00平米 「ザ・ビーチハウス」6,800平米)
  • 建築規模:「ザ・アイランド」地上7階 「ザ・ビーチハウス」地上3階
  • ホームページ:https://seragakiokinawa.regency.hyatt.com/ja/hotel/home.html

-沖縄のホテル

Translate »

Copyright© あーる・てぃー・しー合同会社ブログ@沖縄 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.